マッテマステーション

放課後の時間を安全に楽しく過ごすために・・・

共働きや一人親世帯が珍しくもないこのご時世、
ご両親が働いていて昼間誰もいない家に小学生の子どもが一人で帰宅するいわゆる「鍵っ子」も多くいます。
高学年ぐらいになれば、社会性や危険を察知する能力も多少は身についてきますが、低学年の子どもを一人で過ごさせるのを不安に思う保護者の方も多いのではないでしょうか。

一昔前のように帰宅後は保護者の方が在宅していることが一番望ましいのかもしれませんが、経済的な事情・仕事のブランクを考えるとなかなか難しいのが現状です。

そのために小学校低学年の児童を夕方17時までお預かりする「学童」という仕組みがあります。

マッテマステーション

昭島市では近年の児童の増加より共働き・一人親世帯の児童数に対して、学童保育の数が追いついていません。

マッテマステーション、通称「マッテマ」は学童クラブに入れない子どもたちの下校後の居場所として、昭島市が取り組みをしている待機児童対策事業です。(学童クラブ入会待機児童居場所づくり)
保育士等の管理の元に、小学校の空き教室を使用して、宿題や遊びなどを行っています。

わくわく宝船保育園も行政より委託を受け、マッテマステーションへ保育士を派遣しています。